鼻毛が太い

ムダ毛の中でも目にとまりやすく気になる鼻毛。

指摘しづらい場所でもあるので、気づいた方もモヤモヤしますし、自分が見られていたらショックですよね。

そうならないためにも鼻毛のチェックは時々しておきたいものです。

鼻毛というとそもそもなんであるんだろう?

と思った方も中に入るかもしれませんが実はとても大切な役割があります。

そこで今回は鼻毛の役割と、また鼻毛が太い場合に気になる理由というのも見ていきましょう。



      Sponsored Link

鼻毛ってそもそも何のためにある?

鼻毛は異物の侵入を防ぐ

まず鼻毛の役割としては異物の侵入を防いでくれるということ。

私たちは空気と一緒にホコリ、花粉、ウイルスなんかも飲み込んでしまいますが、これをフィルターのように防いでいるのが鼻毛なんです。

また鼻から入る空気の湿度を調節したりするので鼻の粘膜の乾燥を防ぎます。

結果的にアレルギー鼻炎、花粉症などのトラブルが生じるのを防ぎます。

他には鼻毛には臭いを脳に伝達する役割もあり、もしも完全になくなってしまうと味覚に悪い影響を与えかねません。

鼻毛が太くなる原因は?

鼻毛が急に濃くなると驚くかもしれませんが実は誰にでも起こりうることだと知っていましたか?

というのも鼻毛が太くなる原因はまずホルモンバランスの乱れが生じています。

ホルモンバランスは私たちが日々感じているストレス、疲労、また睡眠不足なんかによっても引き起こされます。

そのため男女問わず鼻毛が太くなるリスクというのはあるわけです。

ちなみに鼻毛が太くなるのは男性ホルモンの分泌が活発化された時。

日々の食事や睡眠などに気をつける必要があります。

次に加齢も関係しています。

なぜかというと鼻毛をはじめとするありとあらゆる毛には毛周期というのがあり、毛が太く成長すると抜ける準備を始め成長が止まり抜けるというサイクルを繰り返しています。

この発毛サイクルが加齢によって乱れてしまうと成長期が長くなったり、抜け落ちる時期が遅れたりして、結果的に太い鼻毛が生えてしまうわけです。

また自己処理の際に抜くのもNGです。

鼻毛がないと体に余計なものが侵入しやすくなるのでそれを防ぐために鼻毛が濃くなると言われています。

逆効果なので必ずやめてください。

最後にタバコや排気ガスなどによって空気があまり綺麗ではない場所に長時間いると体の防御反応で鼻毛が太くなるとも言われています。



      Sponsored Link

太い鼻毛に悩んだら

まず抜かずに切りましょう。

鼻毛カッターなどを使えば良いですね。

面倒ですが鼻毛は私たちにとって重要なもの。

実際鼻毛の脱毛も行なっていないクリニックがほとんどです。

極力自己処理で手入れをしていけるようにしましょうね。

また今回あげた太い鼻毛の他に鼻毛の白髪に悩む人もいます。

しかし白髪に関しても特別珍しいものというのはないのでこちらに関してもハサミなどで切って対策をしましょう。

鼻って自分ではあまり気づきませんが意外と見られていますよ。

気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

鼻毛が太いと気になるので出来るだけ自己処理でどうにかしたいものですね。

ただしデリケートな場所なので怪我には十分気をつけましょう。

鼻毛カッターがおすすめです。

ただこの鼻毛カッター、なんとなくおじさんぽいイメージも強いですが、電動のもので女性ぽい見た目のものもたくさん売られています。

是非一度見てみてください。

持ち運びで化粧ポーチに入れてもお洒落でしたよ。

ちなみに私は鼻毛カッターで処理しています。

ハサミと違って素早くきれいに処理できるので重宝しています。

ふと気が付いた時にささっと処理できるのが便利なので助かっています。

またコンパクトでポケットに軽く収まるのでどこでも持ち歩けますよ♪

私が使っているのはこんな感じの鼻毛カッターです。
  ↓↓

パナソニック エチケットカッター グレー ER-GN50-H

ただし、電池が切れてくると回転が弱くなって鼻毛を挟んだまま止まってしまうので気をつけてくださいね。

鼻毛のトラブルは誰にでも起こりうるもの。

鏡をパッと見て気づいたらすぐにでも処理をしておきたいですよね。

そんな時のために鼻毛カッターに関しては一つ鞄に忍ばせておくくらいの方が安心かもしれませんよ。

太い鼻毛は当たると痛いとも言われているので退院までは



      Sponsored Link