料理

いつもの料理を美味しくしてくれる調味料。

その中でもいろんな使い方ができるのが料理酒です。

例えば漬け込んだり、味をつけたりする事で旨みが増したり、柔らかくなったり、あるいは臭みが取れたりとメリットはたくさん。

普段何気なく使っているけれど、ないと困るものでもありますよね。

そんな料理酒がいざという時にきれていたらあなたはどうしますか?

作るのを諦めてしまうという人はちょっと待った!

実は料理酒はいろんなもので代用ができるんです。

そこで今回は中でも同じお酒の焼酎は料理酒の代用に適しているのか、、見ていきます。



      Sponsored Link

料理酒と焼酎の違いは?代用はできるのか?

豚汁

まず料理酒とはなんなのかというと、飲む専用のお酒とは決定的に違うのが塩分と酢の成分が含まれているという事。

そのため飲むと美味しいものではないのですが、料理にちょっと足すだけで旨みが足されて美味しくなります。

また下準備にも使えたりと用途もたくさん。

本当に便利な調味料です。

焼酎は料理酒として不向き

焼酎

一方で焼酎はというと、蒸留酒でアルコール度数は高めのお酒。

ロックや水割り、お湯割り、他にもジュース割りにコーヒー割りなどの飲み方は色々。

種類も芋焼酎に麦焼酎、米焼酎など様々です。

そんな焼酎、料理酒の代わりになるのでしょうか?

結論から言うと焼酎は料理酒として不向きと言えます。

というのも旨み成分は含まれていないからです。

ただし下準備としてお肉などを漬け込んでおくと柔らかくなると言われています。

また天ぷらの衣にも少し焼酎を足せばサクサクの仕上がりに。

ぜひ試してみてください。

では料理酒の最大のメリットである、旨みや甘みをつけるためには何で代用するのが最適なのでしょうか。



      Sponsored Link

料理酒の代用で最適なのは日本酒

料理酒の代用として最も最適なのは日本酒でしょう。

同じような効果が得られる可能性が高いです。

ちょっと大人の味に仕上げたい時には便利です。

実際普段はもっぱら料理酒より日本酒を使っている!という人も少なくないんですよ。

ビールも肉を軟らかくするのに利用

またビールも料理酒の代用になるのでオススメ。

お肉が柔らかくなるのでビール煮は好んでやっている人も少なくなりのでは?

案外簡単ですよ。

みりんは料理に旨みを足す

みりん

さらにはみりんも旨みを足すには良いですね。

ただ甘いので入れすぎには注意しなければなりません。

料理酒は普通のお酒より安い

安い

ちなみにですが、料理酒はどうして他のお酒と違って安価なのか気になったことはありませんか?

それは食塩が含まれているからです。

むしろ食塩を除けば日本酒と同じです。

ただ酒税法では飲めないお酒は課税対象外。

そのため他のお酒に比べ圧倒的に安いのです。

というか、安く売るためにわざとしょっぱくして飲めないようにし、売っているとも言われていますね。

お陰で料理に気兼ねなくお酒が使え、美味しい料理が作れているのですから、ありがたい話でもありますね。

ただ説明したように、料理酒には塩分が含まれているので入れすぎるとしょっぱくなるのが注意点。

いつもは日本酒を使っているのだけれど逆に料理酒を使おうという場合には使用量を減らさないと味付けが台無しになってしまいます。

気をつけましょう。

まとめ

普段私たちが飲むために購入しているお酒も、料理のために購入しているお酒も使い方次第で同じような役割を果たしてくれることがわかったかと思います。

どうしても料理酒をきらしているときには、覚えておくと便利です。

ビールなんかはストックしている家庭も多いのでぜひ試してみてください。

ちなみに、料理酒は一度開けたら冷蔵庫でしっかり蓋をして保管しましょう。

アルコールが飛んでしまってはせっかくの料理酒の良さも半減してしまいますよ。

お酒は料理の初心者にとっては少々ハードルが高く感じますが、量にだけ気をつければ大丈夫です。

いろんな活用レシピがネットなどで紹介されているのでぜひ試して検索してみては?