ゴールド免許とsdカード

ゴールド免許というと無事故、無違反を5年間も続けて初めて得られるもの。

そのためそう簡単に手に入るものではなく、実際取得している人は少数です。

ただゴールド免許を持つことで色んなメリットが得られるのをご存知でしょうか。

例えば任意保険で割引が受けられたり、次回の免許更新時に色んな優遇などがあったりと嬉しいことは多いんですよ。

またゴールド免許取得者に特に知っておいて欲しいのが自動車安全運転センター発行のSDカードの存在。

知らない人も多いはずです。

そこで今回はその取得条件や発行方法、また特典などを見ていきましょう。



      Sponsored Link

SDカードって何?ゴールド免許しか取得できないの?

ゴールド免許の条件

まずSDカードというもの自体ピンときていない方のために説明すると、自動車安全運転センターが発行しているセーフティードライバーカードの略です。

取得するためには最低1年以上は無事故、無違反でなければなりません。

つまりゴールド免許は5年間の無事故、無違反な訳ですから、例えばブルーやグリーンの免許の方でも取得が可能なカードと言えます。

ちなみにSDカードには5種類あり、

グリーン
ブロンズ
シルバー
ゴールド
スーパーゴールド

という名前が付けられています。

それぞれ取得にためには、無事故、無違反の期間というのが設けられています。

例えば同じゴールドでもSDカードの場合は10年以上20年未満も事故や違反がない場合のみに発行されます。

またスーパーゴールドまでなると20年以上とかなりーハードルの高いものと言えます。

ですが逆にグリーンのように1年以上2年未満で取得可能なものもあるので、意外と誰でも持てるカードと言えるでしょう。

ちなみにゴールド免許の基準となっている5年の無事故、無違反の場合は、シルバーのSDカードが発行されます。

そして有効期限ですが、それぞれの施設なんかで異なるようですね。

SDカードって持つとどんないいことがあるの?ゴールド免許の場合は?

では実際にSDカードを持つとどんなことが起きるのかというと、色んなお店で優遇や特典が得られるようになっています。

基本的には代金の割引で、ジャンルも様々。

例えば宿泊施設だったり、グルメだったり、レジャーやガソリンスタンド、金融関係にレンタカー、引っ越しなんかでも割引価格で利用できます。

一つ一つは地味なのですが、たくさん活用すれば結構お得ですね。



      Sponsored Link

SDカードはどうやって手に入るの?

なかなか知られていない上に、知っていてもなかなか発行していない人も多いSDカード。

ただ今回色々と特典もあることが分かったので持って見たいという人はいたのではないでしょうか?

そこでSDはどのようにして発行できるのか見ていきます。

まず場所ですが運転免許センターで申し込みが可能です。

あるいは警察署や交番でも申し込むことが出来るようですね。

その際に必要なのが無事故・無違反証明書、または運転記録証明証で、手数料には630円かかります。

そして即時発行は出来ず、長くて2週間ほどかかると思っておいてください。

待ち時間が嫌なら最寄りの警察署に提出すれば日にちはかかりますがSDカードを受け取ることができますよ。

ちなみにインターネットでの申し込みは今の段階では出来ません。

今後そういった手続きの手間を解消することが、このカードの周知につながるかもしれませんね。

20年以上無事故無違反を機会にSDカードを取得

私は30年以上無事故無違反ですが、数年前に運転免許センターで免許の更新した時にはじめてこうしたSDカード企画があることを知りました。

ただ、小耳に入ってきたのが
「SDカードは手続きが面倒なうえに大したメリットがない」
ということ。

それに手数料もかかるので取得する人は少ないということです。

とはいえ、実際に取得してみるといいことがあるかもしれないと、20年以上無事故無違反ということでスーパーゴールドSDカードを取得することにしました。

運転免許センターで書類一式を手数料を支払い購入し、必要事項を記入の上に最寄りの警察署に持っていったところ、一定期間を経てSDカードと20年以上無事故無違反の表彰状を受け取りました。

同時に受け取ったパンフレットにはSDカードの使用方法や使用可能な施設など、意外な施設があることにびっくり!

今まで通常の料金で支払っていたのが割引できることを知り、もう少し早くSDカードを取得すべきだったのを後悔。

割り引き率は大したことはありませんが、頻繁に使える施設なら積み重ねが大きな節約になるというものです。

SDカードが利用できるお店をマメに探して使うと意外とメリットありますよ♪

まとめ

いかがでしたか?

SDカードは発行している人もいれば、そうでない人もいます。

実際必要かどうかは使い始めて見ないとわからないんです。

また持っていても使い道がわからない方も多いようですが 自動車安全運転センター内のSDカード優遇店検索で検索して見てください。

たくさんのお店が出てくるはずです。

それが優遇を受けられる全てのお店です。

ぜひちょっとした特典ですが、体感してみてください。

手数料に630円がかかっているのでその元は必ず取り返しましょう!



      Sponsored Link