二日酔い対策

年末年始や忘年会、新年会などのお酒の席が続くとその時は楽しいのですが翌日には強い二日酔いに悩まされることもあるでしょう。

ただ社会人にとってお酒の付き合いはある意味必須で、避けられないもの…

そこでいつも二日酔いに悩まされている!という人には是非知って置いて欲しい、コンビニで手に入る二日酔い対策グッズを紹介していきます。



      Sponsored Link

二日酔い対策になるコンビニの飲み物は?

コンビニ
まずコンビニというと二日酔い対策を謳った飲み物がいくつか売られていますよね。

例えば「ウコンの力」や「ヘパリーゼ、」、「液キャベコーワV」なんかは有名です。

これらには肝臓の働きを助ける成分が含まれており、お酒を飲む前に服用した方が効果的な場合とお酒の後に服用した方が良い場合があるようです。

ミネラルウォーターも良いですね。

胃酸過多の解消に水分補給は欠かせません。

次にトマトジュースも二日酔いに良いと言われていますよね。

理由は胃の粘膜を保護するクエン酸や肝臓の働きを促すGABAなんかで、他にも利尿作用が高いと言われています。

二日酔いにはグレープフルーツが効果的

果物ジュースなら二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する効果の高いグレープフルーツがオススメです。

また炭酸飲料も胃のムカムカを抑えてくれます。

さらには炭酸にはアルコールを分解する酵素の働きを促進する効果があります。

またスポーツドリンクも良いでしょう。

アルコール分解によって失われる糖分、ミネラルなどの補給が出来ます。

ただし飲み過ぎには注意しましょう。

コーヒーなんかのカフェインもアセトアルデヒドを排出するのには効果的です。

というのも利尿作用があります。

ただ飲みすぎると脱水になるので、まずはお水を優先して飲みましょう。

二日酔いに効果的な飲み物を飲む際の注意点

二日酔いに効くとされている飲み物は効き目に差があることもあり、あまり頼りすぎるのは危険です。

これを飲んだから、今日は大丈夫!などという判断は後々失敗を招くので注意しましょう。

私の体験談ですが、ひどい二日酔いの時にトマトジュースを飲むときには注意が必要です。

翌朝になっても二日酔いでの胃のむかつきがあったので冷蔵庫に冷やしておいたトマトジュースを飲んだ時のことです。

いったんは胃のむかつきが収まりましたが、すぐに気持ち悪くなって胃の内容物を吐いてしまいました。

その時です!

私の眼に飛び込んできたのは真っ赤に染まった洗面器です。

一瞬血を吐いたのか?と冷っとしたことを今でも忘れません。

まあよくよく考えれば直前に飲んだトマトシュースが出てきただけというのはすぐわかりましたが、それでも気持ちのいいものではありません。

それ以来私は二日酔いになった時にはトマトジュースを飲むことがなくなりました。

そもそも二日酔いのメカニズムは未だ完全には解明されていないもの。

ただ言えるのは二日酔いは体が発する危険サインです。

もしも二日酔いになった場合には前項で挙げたようなものを試す他、安静にしておきましょうね。



      Sponsored Link

二日酔い対策にオススメのコンビニで買える食べ物とは

まずコンビニで買えるものでいうとカリカリ梅なんかはオススメ。

梅干しには肝臓を活性化させるピクリン酸というのが含まれています。

さらにいうとクエン酸が疲れた胃を修復する効果も期待できます。

次にシジミの味噌汁もよく二日酔いに良いと言われていますよね。

インスタントのものがたまに売られています

シジミに含まれるオルニチンは肝臓の働きをサポートしてくれると言われていますよ。

もしもシジミがなければあさりでも良いでしょい。

貝類は肝臓、内臓に良い食べ物です。

また最近では野菜や果物なんかもコンビニで置いていますよね。

中でもバナナは必ずといっていいほど売られています。

バナナはアルコールに利尿作用で失われたカリウムを補給できる食べ物です。

さらにはアロエヨーグルトも良いでしょう。

アロエには肝臓の解毒作用を活性化させる効果があり、アルコール分解に良いと言われているビタミンやミネラルも含まれます。

またヨーグルトは胃にも優しいですよ。

是非試して見てください。

まとめ

いかがでしたか?

コンビニは24時間空いていることがほとんど。

今日は飲みすぎたな…という時も、すぐに今回挙げたような飲み物、食べ物を購入できるのでありがたいですよね。

ちなみに二日酔いの日に避けるべきなのは生のものや脂っこいもの、刺激の強いものなどです。

余計に二日酔いを長引かせてしまいますよ。



      Sponsored Link