ムダ毛

中学生ぐらいの女子になるとムダ毛が生えてきます。

気にしない子は気にしないのですが、気になる子は気になってどうすれば良いのかムダ毛処理について人知れず悩んでいるかもしれません。

そんな時はお母さんの出番です。

中学生がムダ毛処理をする時の注意点をしっかりと教えてあげてください。



      Sponsored Link

中学生の安易なムダ毛処理の危険性を教えなくては!

お母さん

中学生がムダ毛を処理しようと思っても微々たるお小遣い程度しかなく、少ないお小遣いから自分で購入してくるのは安いカミソリです。

100円ショップなどで売っている毛抜きなども買ってきたりして剃ったり抜いたりするだけなので、親が知らないうちにムダ毛処理をしていることが多いです。

しかしいくら簡単だからと自己処理をするのは危険だということを教えてあげなくてはいけません。

ムダ毛処理アイテム

若い小中学生ぐらいの肌は大人と違ってまだまだデリケートにできています。

中学生がムダ毛処理を簡単にやってしまうと大人よりも肌トラブルが発生することが多いのです。

大人と違い、新陳代謝もよく細胞の分裂がとても盛んなので新しい皮膚が常に表面に作られていて、新しい皮膚は古い皮膚に比べて、大人であればなんでもない刺激でもすぐに肌トラブルに繋がります。

デリケートな肌に知識もなく自己処理をしてしまうと、ブツブツとした状態になったり、そのブツブツが痒くなりかきむしってしまったり、処理した肌が刺激を受けてメラニン色素の生成が活性化してしまい黒ずみになってしまいます。

しかも、ただでさえデリケートな肌なのにムダ毛の流れに沿ってカミソリで剃っていると、しっかりと剃れていない気分になってしまいます。

ありがちなのが毛の流れに逆らって剃ると、深剃りになるため、とってもよく剃れている気にはなりますが、肌にダメージを与えやすく、力を入れ過ぎてしまい皮膚も切ってしまって大出血する可能性もあります。

すね毛の処理

他にも毛穴からバイ菌が入ってしまい毛のう炎を起こしてしまうので、毛の流れに逆らった剃り方は多くの危険が伴います。

ではカミソリではなく毛抜きなら安全かと思って抜いたりしていると、皮膚の下に毛が生えてしまい埋没毛の原因となってしまう事が多いです。

その時は気にしなくても、大人になってから埋没毛や黒ずみに悩まされてしまいます。

親が発見次第、多感な時期で言うことを聞かないかもしれませんが、うまく説明をしてあげないと将来的に子供の悩みが増えてしまいます。



      Sponsored Link

中学生がムダ毛処理をするときに次に考える方法は?

中学生

中学生が次に考える方法としてはドラッグストアなどに行き肌表面のムダ毛を溶かす除毛クリームに興味を示します。

塗るだけでムダ毛が処理できるなら…と購入してしまいがちです。

確かにカミソリを使うよりは、肌を傷つける心配も少ないので中学生でも比較的安心できるムダ毛処理方法です。

しかし、肌表面に出ているムダ毛を溶かすほどの薬剤なので刺激は強いです。

中学生は、一刻も早くムダ毛をなくしたいと、説明書を読むことなくクリームを気になるムダ毛部分に塗りまくってしまいます。

最初に説明した通り中学生ぐらいの肌は常に新しい皮膚が表面に出ています。

ちょっとした刺激を受けただけでも肌トラブルが起きてしまうので当然、ムダ毛を溶かすような薬剤を塗ることにより、痒みが発生したりもします。

かぶれたりする事もあるので除毛クリームを使用することはあまりオススメはしません。

それでもどうしても使いたいと言うのであれば、必ずパッチテストをしてから使用するようにさせてください。

中学生のムダ毛処理には親の援護が必要!

親にも言いづらい面もありますし、やはりお金のない中学生にとってのムダ毛処理は毛抜きやカミソリなどで自己処理になります。

知識がない分怪我もしますし、大人になってから苦労する面も出てきます。

子供がお母さんに相談しやすい環境を作ってあげ、出来るだけサポートすることにより肌トラブルなど未然に防げます。

できればカミソリや毛抜きなどは使わせず、中学生ぐらいから脱毛可能な脱毛サロンなどに一緒について行ってあげ、悩みを解決してあげることが一番ベストな方法です。

脱毛サロン

親の言うことは聞かなくてもサロンのお姉さんの言うことは真面目に聞くはずなので、中学生の自己流のムダ毛処理がいかに危険か優しく教えてくれます。

まとめ

中学生がムダ毛の処理をしようと思うことは自然なことです。

ただ自己流の処理方法でおこなってしまうといろいろな問題が発生してきます。

多感な時期なので子供もなんでも相談できる訳ではないですが、少しでも話しやすい環境を作り、いかに自己処理が危険なのか、それが一番子供にとって大切なことです。



      Sponsored Link