リンゴ風呂
出典:ホテルアップルランド

入浴の際に果物を浮かべたことありますか?

柚子なんかは昔から有名ですよね。

普段はフルーツ系の入浴剤を使っているという人はいてもなかなかフルーツをそのまま入れた風呂は経験したことがない人もいるかもしれません。

ただ入浴剤よりも本物を入れると見た目的にもテンションが上がりますし、なんといっても健康、美容なんかに様々な効果があります。

そこで今回はフルーツ風呂の定番、柚子よりももっと身近で安いりんごを使った、その名もりんご風呂についてみていきます。



      Sponsored Link

りんご風呂の効果とは?

りんごは健康に良いとして習慣にして食べている人も多いかもしれません。

実際1日1つりんごを食べれば医者いらずとも言われるくらい、りんごって体に良い成分が豊富なんです。

では具体的な効果を見ていきましょう。

まず柚子風呂と同様に疲労回復効果はあると言われています。

ビタミンCやミネラルなどがそうです。

お風呂にゆったり浸かるだけでも疲れは取れますが、もっと効率的に疲労を取ることができます。

またりんごにはセラミドという成分が含まれます。

化粧品などに含まれるので聞いたことがあるはずです。

この成分、高い保湿効果があります。

ですから結果的にシミやシワの予防になると言われています。

次にリンゴ酸。

バナナなどにも含まれるものですが、新陳代謝を促し冷え改善やダイエット効果も見込めます。

さらにはポリフェノールで免疫力がアップしたり、香りでリラックス効果も期待できます。

りんごは食べても健康に良いと言われていますが、このようにお風呂に入れても健康や美容に効果があるんです。

どこでも手に入れられる身近なものだからこそ、ぜひ試してみて欲しいものです。

りんご風呂の入れ方は?

方法はいたってシンプルでりんごをスライスして入れるだけです。

2、3個入れると効果も十分あります。

あるいはすりおろして入れるのも良いです。

より成分が混ざるというメリットがあります。

またりんごを入れるのは勿体ないという人は芯や皮だけでも良いです。

ネットに入れて浮かべてください。

三角コーナー用のネットなどで構いませんよ。

ちなみにですが、使用するりんごは一般的なもので構いません。

ただ肌が弱い人は無農薬の方が刺激がなく安心でしょう。

気をつけないと肌荒れで逆効果になるので十分気をつけましょうね。



      Sponsored Link

リンゴが無ければみかんでもOK

そしてこれは余談ですが、りんごの他にも意外なフルーツ風呂があります。

例えばみかん風呂。

柚子風呂もあるので想像がつくかもしれませんが、冷えに効果的です。

また同じ柑橘系でグレープフルーツもおすすめ。

1つで十分に効果が得られるといい、なんといっても香りが良いです。

そのためリラックス効果はもちろん、むくみ効果にダイエット効果、―また疲労回復などにも効果があるようです。

他には意外なものでいちご風呂。

贅沢な気分が味わえますよ。

ビタミンCが豊富です。

肌への効果が期待できそうですね。

特に女性にとってはお風呂は癒しの時間。

疲れとともにその日のストレスも発散できます。

入浴剤も便利で手頃ですが、時にはフルーツを浮かべれば見た目も可愛らしいので気分も上がりますよ。

ぜひ一度試して見てください。

まとめ

日本人にとってお風呂は1日の特別な時間。

ただ入るだけなんて勿体無い!

フルーツ風呂は一度やると肌などの効果も実感でき、はまってしまう人も案外多いんです。

中でも今回紹介したりんごは年中やすく売られていて手に入れやすいもの。

皮や芯などどうせ捨ててしまうものですから、どうせなら活用して見てください。

中にはフルーツを数種類組み合わせたりと色々と自分流のフルーツ風呂を再現している人もいるようですよ。

自分なりのレシピを考えるのも楽しいかもしれません。



      Sponsored Link