家計

光熱費は毎日のことですからできるだけ抑えたい!という人がほとんどのはずです。

光熱費の中には必ずいくつかの無駄遣いが含まれています。

ですから節約をしやすい出費の1つでもあります。

そこで今回は特に一人暮らしの人には知っておいてほしい光熱費の節約術をみていきます。



      Sponsored Link

簡単にできる光熱費節約術は?

光熱費節約

まず光熱費の中でも無駄が特に多くなりがちな電気代。

ちょっとした心がけで節約ができるのでぜひ見直していきたいものです。

例えばコンセントの差しっぱなしや主電源の入れっぱなしは電気代の無駄遣いになります。

必ず使わないコンセントは抜き、主電源も切りましょう。

例えばビデオやケトルなどの電気ポットなんかは使用する時にだけさすようにしれば良いですよね。

エアコンの使用を季節によって使い分ける

次に電気代を大きく左右すると言っても過言ではないエアコン。

エアコンは冷房でも暖房でも1度変えるだけで年間に二千円もの節約につながると言われています、

さらには案外そのままにしがちな冷蔵庫の設定温度も、真冬に関しては「弱」にしておいても良いですね。

ちなみにこまめに切るよりは一度つけたら切らない方が節約になるようですよ。

最近ではサーキュレーターも人気でかなりの省エネにつながります。

冷房にも暖房にも使えるのでぜひ一台購入して見てください。

冬場はガスより電気

ガスも冬場は特に高くなりがちです。

ガスを節約するには電気を使うのがオススメ、

というのもガスより電気の方がお得です。

例えばガスコンロを使わずIHクッキングヒーターをつかうようにして見てください。

案外変わってきますよ。

他にはシャワーの温度を1度下げるなどの工夫もできそうです。

水道代は節水グッズで節約

水道

洗い物にお風呂、洗濯物などで水を使うので大幅な節約は難しいですが、節水グッズなんかが売られているのでそれらを活用して見てください。

例えばシャワーヘッドの交換や節水コマなどもオススメです。

またあまりに水道代が高い時にはどこかで水漏れが起きているのかもしれません。

一度確認してもらう必要があります。

このように1人暮らしでも光熱費を抑えるヒントはたくさん隠れています。

ぜひ試して見てください。



      Sponsored Link

古い家電は電気代が余計にかかる、契約の見直しも

最近では省エネ化が進み家電の消費電力はかなり変わりました。

例えば冷蔵庫なんかに関しては3分の1

エアコンもテレビも同じで全て、同じ使うにしても全く電気が異なります。

つまり長い目で見て電気代を節約するなら、買い替えも1つの手。

古い電化製品を壊れないからと買い替えずにいる人はぜひ今こそ省エネ家電を考えてみてください。

昔よりは安い値段で購入できるものも多いんですよ。

LED電球に替える

LED電球

また白熱電球をLED電球に替えるのも効果的です。

だいたい千円から二千円くらいで購入ができますよね。

契約プランを見直す

電気料金の契約プラン

電気料金の契約プランを見直してみるのも良いですね。

例えばアンペアを下げるという方法もあります。

アンペアとは家庭で一度に使える電力の最大量のこと。

そしてアンペアが大きいほど多く電力を一度に使用できます。

ですから基本料金は高くなります。

もしもブレーカーが落ちたことは一度もない!という家庭の場合は少しアンペアを下げても問題ないかもしれませんね。

アンペアを下げるのはちょっと不安…という人はドライヤーの使用時間に気をつけて見てください。

案外電力を使うんです。

洗濯機や炊飯器、またケトルなどの電化製品を使用時間がかぶらないようにしましょう。

だいたい年間で数千円の節約になりますよ。

まとめ

光熱費はちょっとした心がけ1つで随分節約になります、

ただし誰か1人が頑張ってもだれかが無駄遣いをすればいみのないものに…

家族みんなで節制を心がけるというのが大切です。



      Sponsored Link