蚊取り線香とコバエ

あなたは夏になると蚊対策はしっかりやっていますか?

油断すると刺されて痒いので何かしらはしている方が大半でしょう。

耳元でうるさいのも厄介な問題ですよね。

中でも蚊取り線香は昔ながらの蚊対策アイテムで、効果も抜群。

年配の方はもちろん、若い方でも愛用している人って多いんです。

そんな蚊取り線香の殺虫効果って実は蚊だけに発揮されるものではないのをご存知でしょうか?

そこで今回は中でも大量に集まることの多いコバエへの効果について見ていきましょう。

参考記事:蚊取り線香を室内で使うときの注意点

スポンサーリンク

目次表示位置

蚊取り線香の殺虫成分はそもそもなんなの?

徐虫菊

まず蚊取り線香ってどんな成分で作られているか知っていますか?

徐虫菊という名前の植物に含まれているピレスロイドという成分が殺虫成分として含まれています。

このピレスロイドは蚊などの虫の神経細胞の働きを阻害し、気絶状態にさせる効果があります。

すごいですよね。

そんな強い殺虫効果を持ったピレスロイドは他の虫にも当然効果があることがわかっています。

ではコバエをはじめとする虫への効果について見ていきましょう。

参考記事:蚊取り線香で蚊が落ちる仕組み

スポンサーリンク

コバエや他の虫にも蚊取り線香は有効なの?

蚊取り線香は前項でも説明したように、一種の神経毒である大変強い成分を含んでいます。

そしてこの成分は他の虫にも影響を与えます。

まずいつのまにか大量に発生してしまう厄介な虫、コバエ。

コバエに対してピレスロイドって効果があるのでしょうか?

結論から言うとコバエにもピレスロイドは十分効果があります。

実際蚊取り線香の中には「ハエにも効く!」なんて書かれたものもたくさん売られていますよ。

こういったものを使用する方が確実ですね。

また蚊取り線香の灰がコバエ対策に使えると言う話もありますが、これに関しては企業が発表しているものではないのでなんとも言えませんが、気休め程度に再利用として使ってみても良いのではないでしょうか?

蚊取り線香の灰は燃えるゴミで出せるので、生ゴミの袋の1番底に振っておくとコバエの発生を防げるかもしれません。

またにおい対策にもなりそうです。

コバエ以外には蚊取り線香はダニなんかにも一定の効果があり、またゴキブリなどの大きな虫に対しては殺すことはできなくても弱らせるくらいは出来るようですね。

ちなみにペットとして昆虫を飼っている方も要注意。

カブトムシやクワガタ、スズムシなんかにも効果があるので死んでしまう可能性は高いです。

さらに言うと以外に魚類にも影響があるので、同じ部屋では使用しないでください。

参考記事:蚊取り線香は犬が居ても大丈夫なの?

スポンサーリンク

人間に対して何か影響はないの?

いろんな生き物に影響を与えるピレスロイドですが私たちの体にも毒なのではないかとちょっと不安になった方、いるのではないでしょうか?

実はピレスロイドは人間をはじめ哺乳類には特に害がないとされています。

その理由は酵素です。

哺乳類にはピレスロイドを分解する酵素があるんですね。

ですからもしも吸い込んでも体外に排出されるようになっています。

もちろん赤ちゃんやお年寄りでも同じです。

使用に問題はありません。

ただし換気を怠らずに締め切った部屋で使わないようにしましょうね。

アレルギーなどになることがあります。

参考記事:蚊取り線香は人体に有害?

まとめ

いかがでしたか?

コバエはゴミなんかにたかることが多く大量に発生するので気持ち悪いですよね。

できれば早く対策をしたいものです。

ただ一度集まったコバエを追い払うのは大変。

そんな時に使えるのが蚊取り線香です。

蚊取り線香1つでいろんな虫を退治できます。

これさえあれば無敵と言えるでしょう。

他にもいろんな便利なものはありますが、夏の風物詩としても、日本の伝統としても是非蚊取り線香というのは無くならせたくないものです。

使い方もシンプルなのでこれからもどんどん活用していきましょう。

またその際にはしっかりと火の取り扱いに注意しましょう。

参考記事:火事にならない蚊取り線香の扱い方