友人のお見舞い

普段親しい友人が、病気や怪我などで入院となった時には様子を見にいってあげたいと思うことでしょう。

お見舞いの品を持って行く人も多いでしょうが、相手の状態などが分からないと何を贈ったら良いかも分からず、結局お見舞い金を贈る場合もあります。

そんな時に考えるのが金額のこと。

いくらくらいが相場なのでしょう。

そこで今回は友人はお見舞いに行く際のマナーなどをまとめます。



      Sponsored Link

友人へのお見舞い金は相場が妥当

友人がお見舞い金を贈る場合にはいくらくらいが相場なのでしょうか。

だいたい五千円と言われています。

もちろん相手との関係が特に深い場合などはもっと多く包むこともあるでしょう。

しかしあまり多く包むと相手を困らせることになるので、できれば相場が1番です。

お札は旧札で

ちなみにお札は新札ではなく旧札で。

理由は病気などの場合に、新札はそれを予想していた、あるいは用意して待っていたような印象を与えます

ですから新札を準備する暇がないうちに駆けつけたという意味でも旧札の方が良いとされているのです。

お葬式などで包む際にも同じく旧札なのはこれが理由です。

またのし袋にもマナーがあるので当ブログ記事お見舞い品で恥をかかない物は?を参考にして友人に不快な思いをさせないように注意してください。

お見舞い品を贈る場合は食べ物や本が良い

お見舞い

友人の場合、お見舞い金を渡すのももちろん良いですが、なんとなく現金というのもどうかな…と考える人も多いことでしょう。

そんな時に手ぶらで行くのも失礼ですからやはりお見舞い品にしようと考えるかもしれません。

しかしお見舞いの場合、色々とタブーなものもありそうで迷ってしまいますよね。

皆さんどんなものを贈っているのでしょうか。

まず多いのがちょっとしたお菓子や果物です。

相手の好みを知っている友人だからこそ何を贈ると喜ぶのかわかるものですよね。

食べ物は事前に確認しておく

ただ病気で入院している場合に、食事に制限があることがあるので事前に確認しておくのがおすすめ。

消化の悪いものなども避け、日持ちも短いものはやめた方が良いです。

相手に子供がいる場合には子供でも食べられるようなものを選ぶとお見舞いの時にみんなで食べられるので良いですね。

食べ物はわからないという人は飲み物も無難ですよ。

また入院中は暇な時間も多いので本なんかを贈る場合もあるようです。

好みを知った仲ならオススメですよ。



      Sponsored Link

どんな言葉をかけるべき?

花

普段は気の知れた仲のいい友達でも、病気や怪我の状態によっては精神的に落ち込んでいたりとナーバスな状態も予想されます。

そういった場合に友人だからこそかけられる言葉もあるかと思います。

自分の心配している気持ちと、また回復を望む気持ちは伝えたいですね。

あるいは照れくさいのであれば、メッセージカードなどを贈るのも一つの手です。

ちなみにですが、多忙などの理由でお見舞いに直接いけない場合もメールなどでなんらかの励ましのメッセージを送ると相手は嬉しいものです。

特に親しい仲なら堅苦しい言葉は不要です。

ただ親しき仲にも礼儀あり。

あくまで失礼はないようにしましょう。

友人の場合、面会できないこともある

仲の良い友達だからとすぐに駆けつける人もいますが、実は友人の場合に面会できない病院もあるので要注意。

せっかく行ったのに顔を見ずに帰ったというようなことにもなりかねません。

あらかじめ確認するのが必須です。

また友人の面会がOKでも、小さな子供は感染症などのこともあって面会に連れてくるのは控えるようお願いしているところもあります。

あくまでお見舞いの際には病院のルールが第一優先。

他にもたくさんな患者さんがいることは忘れないでくださいね。

まとめ

友人の場合はお見舞いに行くこと自体必要かどうか迷ってしまうかもしれませんが、最後は自分の気持ち次第。

相手を心配し、駆けつけたいというのであれば直接お見舞いにい行くのが良いでしょうし、そこまでに仲ではないのであればメールだけでも良いですよ。

あなたの相手を思いやる気持ちがきっと伝わるはずです。



      Sponsored Link