なるほど

皆さん収入印紙は領収書などに貼られることの多いものですが、目にしたことはあるでしょうか?

聞いたことや見たことはあっても一体なんのために必要なのか、またどこでどう使えば良いのか知らない人も多いはずです。

というのも自営業などの方にはお馴染みのものでも一般の人にはあまり馴染みのないものです。

しかしいざという時のために知っておくと便利ですよ。

そこで今回は収入印紙とはどんなときに使うものなのか、また購入はどこでできるのかまとめていきます。



      Sponsored Link

収入印紙ってどんな時の使うの?

領収書

まず収入印紙は、課税文書と呼ばれる文書を交わす取引を国に認めてもらうためにかかる税金です。

この課税文書の1つに私たちに身近な領収書などが含まれます。

例えば不動産売買契約、工事の請負契約を結ぶ場合や、株券を発行する場合、公共料金の領収書や買物時の領収書などにも収入印紙が必要な場合があります。

逆に賃貸契約を結ぶ際や保育料、趣味の絵画を友達に譲る場合、公共料金を支払う際にも因子は不要です。

ちなみに通常の取引、例えばあなたがリアル店舗で買い物をした場合は収入印紙を貼り付けた領収書を切ってもらう権利が発生します。

その時に収入印紙が必要になるのは5万円以上の場合です。

それ以下であれば貼る必要はありません。

では次に収入印紙の購入場所について見て行きます。

収入印紙の購入場所は?コンビニでも買える?

では収入印紙は具体的にどんな場所で購入すると良いのでしょうか。

まず最寄りにあれば1番おすすめが郵便局です。

次にコンビニも便利です。

というのも土日も購入が可能です。

セブンイレブンにローソン、ファミリーマートなどで購入できます。

ただし200円までの印紙しか取り扱うがないことがほとんどですから、それ以上必要な場合はあらかじめ店舗へ連絡し取り寄せなどが出来ないか確認する必要があるでしょう。

また他には市役所や銀行、警察署なども「収入印紙売りさばき所」と言って印紙の購入が可能です。

さらに町のタバコ屋さんなどでも取り扱っている場合があるようですよ。

収入印紙をお得に買うなら金券ショップがおすすめ

前項では、郵便局やコンビニ、また銀行なんかでも印紙が購入可能であると説明しましたが、実はもう1つおすすめの購入可能な場所があります。

それは金券ショップ

金券ショップはよく駅前なんかで目にする場合も多いですね。

なぜ印紙はこういったところで買うのがおすすめかというと、消費税がかかるためにより安くなっているからです。

購入するときは消費税を計算するようにしましょう。

ただ自分の希望の金額のものが売られていない場合も多いので注意が必要です。

さらにはオークションでも出回っておりやすく購入できる場合も多いです。

ただ送料もかかるのでそこは覚えておきましょうね。

またオークションということは偽造品も稀にあることは忘れてはなりません。

できればやはり郵便局などで購入するのがベストです。



      Sponsored Link

購入の際の注意点!払い戻しなど

収入印紙はどこでどんな風に使うのか大まかにわかったところで、今度は購入の際の注意点です。

まず印紙は原則として現金に払い戻しが不可能ですから本当に必要な額をしっかり確認して購入しましょう。

ちなみに払い戻しは出来なくても違う印紙に交換は可能です。

その場合には郵便局なんかで対応してもらえるようです。

ただし手数料がかかるので覚えておきましょう。

参考記事:収入印紙の郵便局での扱い

また現金は戻ってこないのが原則であるとは言いましたが、収入印紙が不要な文書に貼ってしまったり、印紙を貼った後で文書が必要なくなった場合に現金が戻るケースもあるので一度税務署に尋ねてみると良いでしょう。

消印を押してしまっていても大丈夫ですから無理に剥ごうとしないでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

なかなか聞きなれない収入印紙という言葉。

実はとても大切な役割があるとわかったかと思います。

これは余談ですが、印紙の貼り忘れなんかはかなり罰金が高額になるので気をつけましょう。



      Sponsored Link