浮気と不倫

男女がお付き合いや結婚のパートナーとなる中で、考えるのが浮気のこと。

相手は浮気をするような人なのか、、また、もしもそうなった場合に自分はそうするのだろう…など一度は考えるものでしょう。

そもそも浮気ってどんな意味がある言葉なのか知っていますか?

また浮気と同じような意味を持つ不倫との違いは理解しているでしょうか?

今回はそういった疑問を見ていきます。



      Sponsored Link

浮気ってどんな意味があるの?不倫は?

浮気や不倫

浮気は人それぞれ捉え方の異なる言葉として知られていますよね。

民法において浮気は「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」としていますが実際の使われ方は少し違います。

浮気恋人や配偶者がいながら他の相手に目移りすること

まず浮気という言葉には恋人、夫や妻がいることが前提です。

そしてその上で他の異性と特別親しい仲になるのを浮気と呼びます。

この特別親しい仲という線引きが人によって微妙に異なり、肉体関係の有無だとする人、キスをすれば浮気だと考える人、手をつなげばもう浮気だという人、パートナー以外に心を移した時点で何もしていなくても浮気だと考える人など本当に様々です。

またその行為が何度も繰り返されているものではなく、たった一度の気分転換のためであっても、正真正銘の浮気だと捉える人は多いですね。

不倫とは道徳から外れること

では不倫とはどんな意味のある言葉なのでしょう。

本来は道徳から外れることを全般に指していう言葉です。

ただ最近では不倫というと既婚者が、配偶者以外の異性と恋愛をし性行為に及ぶことを指して言います。

そのため浮気よりも不倫の方が大人のイメージも強くまたなんとなく泥沼という印象を持つわけです。

ちなみにですが、性行為なんてもってのほか、キスでも不倫だ!と言う方も多いかと思いますが、法律的には不貞行為の有無が不倫が行われたかどうかの大きなポイント。

不貞行為とは配偶者以外の異性との性行為やその類似行為です。

離婚などの話し合いの際にはこれがあるかないかで大きく変わります。

ただし不貞行為がなくても離婚に至るケースもあるので一概には言えないのも事実。

一つの目安であることだけは覚えておきましょう。



      Sponsored Link

浮気をしている人って実際どのくらいいるの?

浮気ってした経験もされた経験もないと言う人も多いかもしれませんが、実はあなたの彼、彼女ももしかするともしかする可能性だってありますよね。

というのも浮気に関してはいろんな調査があるのですが、それらの多くで浮気を実際にしている、あるいはした経験があるという人の数が想像以上に高い結果になっているんです。

例えば浮気をしたことがありますか?というアンケートでは男性の場合なら26%、女性ならば16%が「はい」と答えています。

そして年代でいうと30代から40代が多く、

男性はお金も時間も安定してくる頃である
女性は育児などのストレスや寂しさを感じやすい時期である

ということが原因ではないかと考えられています。

ちなみにパートナーの浮気がわかる行動パターンとして挙げられるのが、

目を合わせなくなった
ボディタッチが減った

などです。

自分の罪悪感に耐えられなくなるからでしょう。

また既婚者であれば休日も出かけたり、残業などが急に多くなったりと家にいる時間というのが減るのも浮気のサイン。

これまでそんなことはなかったのに急に忙しくなった場合なんかは要注意です。

まとめ

浮気ち一口に言ってもいろんな線引きがあって、人それぞれ境が違うことがわかったかと思います。

特にまだ結婚していないカップルの場合は、片方がそれを浮気と捉え嫌だと感じればそれはアウト。

別れるきっかけにもなります。

兎にも角にも浮気をするかしないかは別として浮気の願望は多くの人が持っていると言います。

相手を信用するのは良いですが、もしかしたら…という気持ちは少しは持っておいた方がいいのかもしれません。



      Sponsored Link