エアコン室外機の音が気になる

エアコンは暑い時や寒い時に欠かせないもの。

殆どの家で活用していることでしょう。

本当に有難いものですよね。

ただ便利なものにも色々と問題はあります。

例えばクリーニングが定期的に必要だったり、寿命があること、そして室外機の問題もあります。

というのもエアコンをつけると室外機って結構大きな音が出ますよね。

自分でもうるさいくらいですから、ご近所トラブルのきっかけにもなる可能性もあります。

そこで今回はエアコンの室外機がうるさい時に考えられる原因と対策などを見ていきます。



      Sponsored Link

エアコンの室外機がうるさい原因は?

エアコン室外機の汚れ

エアコンの室外機から音がするのはある程度は仕方のないことです。

というのもエアコンには圧縮機といって空気を温めなおしたり冷たくし循環させるための部品が内蔵されており、これによって振動が起きるために音がしてしまうんですね。

この部品は新しいタイプでも音や振動をなくすことはできないと言われています。

ただあまりに大きい場合には何か理由があることが多いです。

例えば室外機のパーツの中でも重要な部分にあたるモーターやコンプレッサーなどが劣化している可能性があります。

次に詰まり。

例えば埃なんかは室外機の場合は気付かずにそのままにしている人も多いんですね。

ただ室外機のフィルターにゴミがたまるとうまく稼働できません。

そのため大きな音を出してしまうんですね。

エアコンの室外機がうるさい時の対策は?

では室外機の音がうるさい場合にはどうすれば良いのかというと、まず室外機と地面の間に挟む防振ゴムを試して見てください。

ゴムが振動を吸収するので振動音は小さくなります。

ちなみにこのゴムはホームセンターなどで購入可能です。

次に室外機の位置を変えてみましょう。

というの室外機って壁の近くに配置されることが多いのですが、この場合振動が壁に伝わり大きな音がしやすいです。

壁から少し離す事をやってみてください。

また室外機の土台はしっかり安定しているのかもチェックしてください。

それでもうるさい時には

今回挙げたように室外機のいろんな部分をチェックし、それでも異常が見られず大きな音が続いている場合には、もしかすると故障の可能性も出てきます。

というのもエアコンって一度買うと一生使えるというものではなく、10年くらいで買い替えどきだと言われています。

故障の予兆としては効きが悪くなったりします。

最近部屋がなかなか冷えない、あるいは温まらないという場合には買い替えの時期なのかもしれませんよ。



      Sponsored Link

ご近所トラブルの原因にも

エアコンの室外機は単に自分がうるさい!というだけではありません。

音の大きさによっては近所の方にも迷惑がかかることも。

そこからご近所トラブルに発展するケースもあります。

実際に音が大きい場合には最悪買い替えも検討すべきでしょう。

というのも放置しておくとやはり気まずいですもんね。

泥沼化すると本当に厄介です。

ただ中には言いがかりで行ってくる人もいます。

もしもどうすれば良いんだろう!?と思ったら騒音計などで計測してみてください。

自治体でも騒音チェックをやってもらえることがあるので問い合わせてみれば?

まとめ

いかがでしたか?

エアコンの室外機の騒音には色々な理由があることがわかったかと思います。

どこにでもあるものですがトラブルの原因になるので要注意ですね。

しかもご近所トラブル以外に、室内機と同じように故障すればエアコン自体が作動しなくなってしまいます。

ですからクリーニングなどは大切ですね。

その際には出来れば業者に頼みます。

というのも素人がいじると本当になおらなくなってしまう可能性があるんです。

室外機のみであれば安くて数千円でクリーニング可能です。

ぜひ検討して見てください。



      Sponsored Link