古いエアコン

さまざまな家電がある中で私たちにとって欠かせないのがエアコン。

たった一台で真夏の暑さも真冬に寒さも防いでくれる有難いもの。

特に夏はエアコンがないなんて考えられないほど、大きな役割を担っています。

そんなエアコンにも寿命というのがあるのはもちろん知っていますよね。

だいたい最近の物だと10年くらいだと言われています。

ですからこれくらいの時期になるとそろそろ買い替えも検討しなくてはなりません。

ただ賃貸でエアコンがもともと設置されているお家の場合はどうでしょう。

この場合迷ってしまいますよね。

そこで今回はもしも賃貸でエアコンの寿命が短い場合にどうすべきかについて見ていきましょう。



      Sponsored Link

賃貸でエアコンの寿命が近い場合に変えてもらえるの?

エアコンの買い替え

まず賃貸でエアコン付きのお家の場合に基本的に勝手に買い換えるのはやめた方が良いですね。

トラブルの原因になります。

必ずエアコンが古いことを大家さんに伝え、まず買い替えをしてもらえないか確認しましょう。

この際に、製造年と交換して欲しい理由もしっかり伝えます。

例えばエアコンの危機が良くないだとか、電気代が高いこと、また音が大きいなども交換理由としてはあり得ますね。

大家さんの多くはエアコン寿命をまず知らないことも多いので、このくらいでエアコンは交換しなくてはならないということも説明してみてください。

この際に、あくまで交渉ですからクレームのように行ってしまうとうまく買い替えてもらえず、トラブルになる恐れもあります。

あくまで相談するような形で持ちかけてみてください。

エアコンが備え付けの物件であればいつかは大家さんも買い替えなくてはならないために案外交換に応じてくれるかもしれませんよ。

ちなみにもしも室外機の音などが大きく近隣からクレームがあった場合には、このことは必ず伝えるべきです。

というにも大家さんにとっては近隣住民とのトラブルはできるだけ控えたいもの。

普通に交渉するよりもすんなり行く場合も多いですよ。

退去の際に買い取ってもらうのも一つの手です

それでも大家さんが交換してくれない場合にはどうすれば良いのでしょうか。

この場合、今の古いエアコンを自分で処分して新しいものを取り付ける代わりに退去時に半額などの値段で買い取ってもらえないか相談してみるのも良いですね。

というのも大家さんも今はお金を出したくなくても、数年後に半額くらいの値段になっているなら買い取っても良いと思う方は少なくないからです。

住んでいる側としても、お金を最初に払ったとしても電気代などが抑えられ、より快適になるのであればそちらの方が良いかもしれません。

ただ交渉が成立した場合にはかならず紙に証拠として詳しい交渉内容を残しておくこと。

そして仲介業者などに保管してもらうとより安心です。

後々トラブルにならないようにしましょうね。



      Sponsored Link

契約前に確認をしておくと安心です

今までは住んでしまったあとの交渉などを説明していきましたが、実際一番なのは契約前の物件内見の際にエアコンを確認することです。

電源を一度入れてもらえるのであれば入れて見てもらっても良いですね。

そこで臭いや音、効きはどうかも確かめることが出来ますね。

大家の立場でいえば個々で買い替えてもらいたい

実は私も古い家を賃貸に出していおり一応大家という立場ですが、あらかじめ設置してある設備の買い替えは基本的に契約者自身で対応してもらうようになっており、退去時に保証金で調整するようにしています。

もちろんお互いの考え方があるので、間に入った不動産屋と協議の上にどのように対処するかを決めています。

ご近所とのトラブルや契約者との今後のこともあるのでなるべく穏便に済ませたいというのが本音というところでしょうか・・・

とはいえ内心は契約者自身で買い替えてもらい、退去時に取り外して持って行ってもらうのが一番手間がかからずに助かるのですが・・・

大家の考え方も違うことも考えられるので、まずは間に入っている不動産屋に話を持っていくのが良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

賃貸の場合には大家とのトラブルは避けたいため少し言い出しづらいかもしれませんが、一度言ってみる価値はあります。

古いエアコンって本当に効きが悪いですから、変えてもらえたらラッキーですよね。

特に夏場はエアコンがないと生きていけない!というくらい、必要なもの。

他にももちろんこだわりはあるでしょうが、エアコンみ意外と大事なポイントなのでやはり家を決める時点で見ておくようにした方が良いかもしれません。



      Sponsored Link