夫婦の亀裂

夫婦関係はいくらうまくいっていても突然拗れたり、相手の気持ちが冷めてしまうもの。

相手に離婚したいと言われたらあなたならどうしますか?

自分も同じように離婚を望むのであれば話は早いですが、やり直したいという場合にしっかりと話し合う必要があります。

ただやり方次第で余計に夫婦仲に亀裂が走ることもあるので要注意です。

そこで今回はパートナーに離婚したいと言われたときに取るべき行動とNG行動なども見ていきましょう。



      Sponsored Link

突然離婚をしたいと言われたら、まずは理由を確かめよう

離婚裁判

相手に離婚をしたいと言われたときに、それに応じるべきなのかどうかは難しい問題です。

これまでの夫婦関係や今後のことを考えていかなければなりませんよね。

もしも相手と今後もやっていきたいという気持ちが少しでもあればすぐに決断せずにまず離婚したい理由をしっかり確認する必要があるでしょう。

そして自分に非があるのか、相手に非があるのかを考えてみてください。

相手が愛が冷めたなどと曖昧なことを言ってきた場合にはもしかすると不倫などの別の理由がある可能性も否定できません。

実際夫の離婚理由の第1位は不倫で、夫から正直に話されることはまずありません。

この場合に、離婚をするにしてもそうでないにしても慰謝料請求なども視野に入れることができます。

また逆の場合もあります。

浮気だけでなく、夫への暴力なんかも最近では離婚原因になっていたりするのでよく考えて見てください。

ちなみにもしもこちらに非があり、証拠がある場合には早めにそれを伝えてくるはずですから、何もいってこないのであれば特に心配はないでしょう。

他にも異性関係のこと以外に単純に性格が合わない、一緒にいて楽しくないなどという理由もあるかもしれません。

夫婦といっても他人ですから結婚してみてわかる部分もあります。

この場合に、お互いに気をつければやり直せる問題なのかどうかよく話し合わなければならないでしょう。

離婚をした方が良いのかどうかよく考えましょう

離婚がしたいと言われ、理由もわかってきたら今度は離婚をすべきかどうかいろんなことを考えて決めなければなりません。

例えば経済面のこと。

特にあなたが専業主婦の場合はそうですね。

子供がいるときも子供を一人で育てていけるのかよく考えていく必要があります。

また相手が離婚をしたい理由が、ちょっとしたすれ違いや勘違いなどの場合もあるのでその場合には修復できる道があるかもしれません。

ただ夫婦はお互いが想いやらなければ成り立ちません。

相手の幸せも考えた上でどうすべきかもやはり考えなければなりませんね。



      Sponsored Link

浮気相手に夢中になっている場合はしばらく様子を見る

浮気をされた時の心境

厄介なのはあなたの配偶者が浮気相手に夢中になっている場合。

これは何を言っても何をやっても全て浮気相手の味方になってしまいあなたの言うことに耳を傾けることは絶対にありません。

つまり配偶者にとっては浮気相手が必要で、あなたは邪魔な存在なのです。

ここで動くとかえって心が離れていき取り返しのつかないことになる可能性が高いといえます。

もし結婚生活を振り返ってあなたに非がないというのならしばらく様子を見るというのも一つの方法です。

そもそも浮気相手は人の道に反することをしている非常識な人間ですからいずれは関係が破綻するはずと考えましょう。

そうすればいずれあなたの元に帰ってくるというのも十分考えられます。

やり直したいのであればこれは避けよう

まずついやりがちなのが安易な別居。

というのも別居は数年経つと夫婦関係の破綻をして認められ離婚原因となりかねないのです。

仮に相手が離婚を切り出してきても別居をこちらから開始してしまえば、自分はやり直す可能性は捨ててなかったのに…と責任転嫁されかねません。

また一度別居となるとやり直すのはかなり困難でしょう。

次に相手の批判。

ついここぞとばかりに言いたいことを言ってしまいがちですが、そんなに不満なら離婚しようと言われかねません。

またへりくだるのもあまり良いとは言えません。

離婚したくないというのがわかると今度は足元を見られる可能性もあるからです。

まとめ

いかがでしたか?

相手が離婚をしたくても自分が夫婦をやっていきたいのであれば、しっかりとその理由と解決策を考えなければなりません。

そうでないともしも離婚をせずに終わってもまたすぐに離婚という話になりかねません。

その時々で状況もかなり違うとは思いますが、臨機応変に対応していくしかないでしょう。



      Sponsored Link