くしゃみが出る

鼻のトラブルって案外多いもの。

風邪をひいたときには鼻水が出たり、花粉のシーズンはムズムズしたりと結構鼻の症状で悩まされている人は多いですよね。

ホコリアレルギーやダニアレルギーなんかでも、鼻が痒くなることがあります。

鼻が一つのバロメーターのような役割も果たしていますね。

ただ鼻の役割はわかっていても厄介なのが鼻毛。

伸びてくると処理が必要ですし、一本でも出ていると恥ずかしい思いをしてしまいます。

そもそもあなたは、鼻毛の処理ってどうしていますか?

切る人、抜く人、あるいは脱毛している人まで…

いろいろですよね。

その中でも鼻毛を抜いたときにくしゃみが出てしまったという経験をした方案外多いのではないでしょうか?

あるいは涙が出たという人もいます。

そこで今回は気になる鼻毛とくしゃみの関係について見ていきましょう。



      Sponsored Link

鼻毛を抜くとくしゃみが出るって本当?

くしゃみ

そもそも、くしゃみってどういうときに出るものでしょう。

風邪をひいたときや花粉症のときに、出ることが多いですよね。

また埃っぽい場所なんかにいってもくしゃみが無意識に出たという経験、誰しもがあるかと思います。

つまりどういうことかというと、くしゃみって異物を外に出すために出ているものなんですね。

ではどう鼻毛と関係があるのかというと、鼻毛を抜くことで鼻の中の粘膜が刺激されてしまいます。

それを体が異物の侵入と判断し、くしゃみで外に出そうと働きかけるのです。

鼻毛を抜くと涙が出るのはなぜ?

鼻毛を抜くとくしゃみ出る理由がわかったところで今度は鼻毛を抜くと涙が出る理由についてですが、鼻にはいろんな神経が集まっています。

その一つに三叉神経というのがあります。

そしてこの三叉神経、鼻の他にも口や歯、顔面などを司り、涙腺にも影響を及ぼしています。

つまりどういうことかというと、鼻毛を抜いて三叉神経が刺激を受けると涙腺を刺激し、痛くなくても涙が出てしまうんです。

涙が出るほど痛いから…と勘違いしている人も多いですが、これが真相です。



      Sponsored Link

鼻毛は抜いてはいけない

鼻毛を抜くとくしゃみや涙などいろんな体の反応が起きることがわかったかと思います。

鼻毛はもちろん、ムダ毛といえど毛を抜くというのは体への負担が大きいもの。

できるだけ避けた方が良いです。

実際鼻毛を抜いているとバイ菌などが毛根に入って炎症を起こすことも珍しくありません。

ニキビのようにぷくっと腫れて痛むこともあります。

またもっというとそれが脳にまで達し影響を与えることもないわけではありません。

たかが鼻毛と思ったら、そこまで大ごとになるとは驚きですよね。

鼻毛自体がそもそも体にウイルスをはじめとする異物を体に入れないという大事な役割を果たしていますから、抜いてなくすこともあまりお勧めはできません。

ハサミや鼻毛カッターでの定期的な処理が1番だと言われています。

そもそも鼻毛を抜くのは激痛が伴いますよね。

ブラジリアンワックスなんかでの処理もあるようですが、抜くときはもちろん、抜いた後の炎症の痛みに苦しめられる人も多いんだとか。

鼻毛の脱毛は、デメリットについてもよく知っておく必要がありそうです。

まとめ

鼻毛を抜くと抜いたときにくしゃみや涙が出るのも全て体を守ろうという防衛反応からきていたんですね。

そう考えると私たちの体って本当によくできていますよね。

鼻毛は本当に厄介なもので、何のためにあるの?と愚問に思うかもしれませんが、鼻毛には鼻毛の役割がちゃんとあります。

例えばウイルスを体に入れないようにフィルターの役割も果たしていますし、鼻の中が乾燥しないというメリットもあるんだとか。

意外ですよね。

私たちの体の中にはまだまだ知らない働きをしているものが沢山あります。

これを機に色々知っていくと面白いかもしれませんよ。



      Sponsored Link