浮気をされた時の心境

最近よくニュースなんかで有名人の不倫がとりだたされるようになったり、また不倫のドラマがヒットしたりとなんとなく身近なものに変わってきつつありますよね。

そんな不倫から始まった恋愛関係も、最初は軽い気持ちで始めたもののお互いに本気に変わり、パートナーとの別れを選んでまで結果的に一緒になる場合もあります。

いくら離婚が成立しても、人を裏切り幸せを掴んだことには変わりありません。

本当に幸せになれるのか…

難しい問題ですよね。

そこで今回は不倫から結婚に至る場合のメリットやデメリット、また注意点などを見ていきましょう。



      Sponsored Link

不倫から結婚に至るケースの割合

不貞行為

まず始まりが不倫関係でも、パートナーがいる方が離婚が成立すればもちろん正式に結婚は可能です。

不倫というと周りの目も気になりますし、法律上夫婦になれるのであればそれが1番でしょう。

しかし実際はある調査によると不倫経験者のうち10%前後しか結婚には至っていないといいます。

ほとんどが不倫相手との破局を選んでいるようですね。

というのも不倫から始まる結婚は普通の結婚とは違った部分も沢山あります。

ちなみに私の周りでは結婚に至って25年になり今でも結婚生活が続いているケースはありますが、喧嘩ばかりでどうみても上手くいっているとは言えないような気がします。

実際にはどのようなケースになっているのか具体的に見てきましょう。

不倫から結婚した場合でもメリットはある

まずこれはメリットというより、こう言った傾向にあると言うことですが、苦難や苦い思いを一緒に経験することも多いので信頼関係が普通の夫婦よりも厚いことがあります。

また不倫相手が何気なく漏らす不満などから、その人の生活が垣間見れ、どのようにすれば上手くやっていけるのかという秘訣を知ることがでできる可能性はありますね。

前のパートナーとギクシャクした原因などは普通結婚すれば気をつけるはずですしね。

そしてやはり何と言っても気持ちがない相手と暮らしていくよりも、本当に好きな相手と生きていけるのは大きいですね。



      Sponsored Link

不倫から結婚した場合は世間体が悪い

次にデメリットですがズバリ世間体。

これは仕方ないですね。

いくら隠そうと思っても、ふとした事で知られる可能性って大いにありますよね。

また自分の家族や不倫相手の両親の目も気になる事でしょう。

そんな気まずい状況の中でやっていくことを考えるとなかなか踏み出せないという方は多いです。

さらにはやはり幸せな瞬間があってもどこかで罪悪感を感じながら生きることになるでしょう。

子供がいる場合には特にそうです。

再度不倫をしてしまうことも多い

離婚、不倫を後悔してしまう時はいずれきっと来ます。

それでも自分は間違っていなかった!と思えるくらいのメンタルの持ち主であることがやはり不倫から結婚に至るまでには必要かもしれません。

そして一度あることは二度あるではないですが、いくら正式に籍を入れることになっても一度はお互い不倫に走った身です。

次があってもおかしくはないですよね。

そこもよく考えておいてください。

ちなみに不倫は不倫でも別居中などパートナーとの婚姻関係が破綻している場合には、必ずしも浮気癖があるとまでは言えませんね。

その人によるというのも事実です。

不倫相手がどんな人なのか、そして結婚してからのこともよくイメージして大きな決断は下すようにしてくださいね。

冷静になって考える機会がやはり大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?

不倫中は許されない恋にドキドキしたり、結ばれないとわかっているからこそ、逆に運命を感じてしまったりと、特に女性は自分でも気づかないうちに本気に変わっていく場合が多いです。

ただいざ結婚となると、そのドキドキも長くは続かず色んな責任もついてきます。

当たり前ですが、不倫という関係に陥ることはできるだけ避け、もしも本気で結婚を考えるのであれば、今回あげたようなデメリットなんかもよく再確認しておいてくださいね。

あとあと後悔してしまわないようにしましょう。



      Sponsored Link