離婚調停

専業主婦の場合になかなか離婚に踏みきれないことが多いのは、やはり経済的な不安が多いでしょう。

生活環境がガラリと変わることによるストレスももちろん多いですよね。

さらにいうと子供がいれば親権の問題もあります。

収入源がはっきりとしなければもしかすると親権を得られないかもしれません。

ですから専業主婦であれば思いつきではなくしっかりと準備をした上で離婚を進めていく必要があるでしょう。

そこで今回は専業主婦の方に知っておいてほしい離婚準備のポイントを見ていきます。



      Sponsored Link

専業主婦が離婚準備の際に確認したいお金のこととは

慰謝料

まず離婚をする際には色々と出費があることを知っておかなければなりません。

離婚が成立する前であれば婚姻費用というものが請求できるのでたとえ別居をするのであっても夫に生活費をもらうことができます。

ただ離婚が成立すれば当然自分で生活をしていかなければなりません。

すぐにかかる出費としては引っ越し費用や最初に揃える家具家電なんかの購入費用がありますよね。

そして離婚調停になるとそこでも費用がかかる可能性もあります。

ですからまず離婚を考えた場合には、お金を確保することが大切です。

離婚後の生活費をバレない銀行に貯めておく

お金を確保というのはいわゆる「へそくり」ですね。

計画的に溜めておきましょう。

しかし自宅に隠しておくというのは非常に危険です。

というのも夫に見つかったり、誤ってゴミとして捨ててしまうことがあるからです。

そんなことを考えれば銀行に預けておくのが安全です。

ただし夫に気がつかないように遠くで無名の金融機関に預けておくのが良いでしょう。

自宅から周辺の金融機関に預けておくと弁護士の特権で開示請求ができてしまうからです。

もし見つかったらへそくりの半分は夫のものということになってしまいますからね。

また将来的なことを考え、就職先を見つけておくと安心です。

まずは資格を取る!というのも良いですね。

特に就業経験がない人ほど資格の有無が重要なポイントになったりもしますよ。



      Sponsored Link

専業主婦が子供の親権を得るために

子持ちで離婚となると親権という問題があります。

基本的に親権は女性がとる傾向にあるのですが、子供を育てるのにはお金がかかります。

そう考えると専業主婦の場合に圧倒的に不利な気がしますよね。

そもそも親権ってどう決まるのか知っていますか?

社会的地位ではなく実は「誰が育てているのか」ということなんです。

つまり専業主婦であろうと働いている主婦であろうとさほど変わりはないわけです。

自分の方がお金に苦労をかけないという主張が男性側からあるかもしれませんが、それを調整するために養育費があるわけです。

女性はすぐにそれを鵜呑みにして親権を手放すことのないようにしたいですね。

とはいえ、少しでも自分が有利になるように話を進めていきたいですから、その場合にやはり早めに職につくというのはポイントが大きいですね。

また面会について許容する事で親権をもちやすくなります。

ただし連れ去りなどの危険がある場合には必ずしも面会をさせるべきとは限りませんから、その時の状況に応じて、安全を十分確保した上で面会をさせるようにしてください。

離婚の切り出し方は?

最後に離婚を切り出す際のポイントのついて見ていきましょう。

まず別居などをしておらず直接相手に伝える際には、お互いに感情的になってしまうかもしれません。

しかし離婚は出来るだけお互いが納得して円満に済ませるのが1番ですから、相手をけなしたり喧嘩になったりせずに冷静に大人として話をするように心がけましょう。

また別居をしており直接話し合いが困難な場合にはメールなどで理由などを伝えなければなりません。

この際には証拠を残しておくことは忘れないでください。

他には前項でも説明しましたが専業主婦の場合に婚姻費用を請求できます。

これは義務なので言い出しづらくても、必ず請求すべきです。

まとめ

いかがでしたか?

専業主婦の場合に、収入がないために何となく夫よりも立場が弱く我慢をしなければならないような気がしている方もいるかもしれません。

しかし日本の法律では専業主婦だけ特別不利になるようにはなっていません。

実際、親権も専業主婦であろうと母親がとる場合が現実では多いです。

離婚を考え始めたら日中の夫が家にいない間にでも詳しく離婚の流れについて調べて見てください。



      Sponsored Link