転職

仕事をしているといろんな悩みに直面することがあります。

自分はこの仕事に向いているのだろうか、また本当に会社に必要とされているのか…

他にも色々と将来のことを考え思う時が来るでしょう。

そんな時に考えるのが転職。

最近では若いうちから転職をする人も多いと言いますが、実際仕事を辞めるとなると大きな決断をすることとなります。

そこで今回は特に転職を考えるのに多い3年目の人に知っておいてほしいいろんなことを紹介します。



      Sponsored Link

どうして転職は3年目?メリットはあるの?

あるアンケートで転職経験者に「はじめての退職は入社何年目だったか?」を尋ねたところ1番多かったのが3年目で25%でした。

3年目というとちょうど仕事に慣れ始める時期。

思ったよりも早いと感じた人、多いのではないでしょうか?

ちなみに2位は2年目、ついで1年目と続きます。

皆さん早い段階で退職をされているんですね。

この3年というのはどうして退職の時期として1番多いのでしょうか?

3年目くらいがちょうど仕事が身につき自分の考えや、やりたいことが見えてくるからという意見が多いですね。

働いてすぐはそもそも仕事の良さもわからないですから、全体を把握した上でステップアップの場所というのを考えた方が本当に自分に適した職場につきやすいかもしれません。

3年も経てば仕事の経験が身に付く

また3年くらいは働いておいたら、経験も身につき転職に有利だからという意見も。

実際、転職の時期が早すぎると、辞めた理由を聞かれた時に困ってしまうかもしれません。

またこの人は仕事が長続きしないという印象を持たれてしまい不利になる可能性があります。

年齢的にも伸びしろがあり、ある程度の経験を積んだ時期というのがちょうど3年目、20代半ばから後半あたりなのかもしれませんね。

ちなみに退職金も3年以上働けばもらえるケースも多いんだそうですよ。

他には採用してくれた会社に申し訳ないのですぐには辞められなかったという意見もあります。

逆に3年働かずにすぐに転職をした人はというと、合わない職場で我慢をする必要はない、いつか転職するなら早めがいいと考えているようですね。



      Sponsored Link

3年以内やめた方が良い場合もあります

仕事に追われる

前項であげたように、とりあえず3年働くというのは根拠もないことのように思えますが色々とメリットがあります。

会社に特別な不満がなければまずはその仕事をよく知るためにそのくらいの期間はせっかく採用されたわけですし、一通り頑張って見ても良いかもしれません。

しかし中にはすぐにでもやめた方が良いケースもあります。

例えばブラック企業で長時間労働などをしいられ、心身ともに限界がきている場合。

この場合の3年は長すぎますから、自分の身を守る意味でも早めに決断した方が良いかと思います。

セクハラやパワハラがあれば即やめる

次にセクハラやパワハラ問題を抱えている場合。

この場合もおそらく3年目までの解決は望めないでしょう。

新しいクリーンな会社で働いた方がよっぽどやりがいがあります。

会社を辞めるのってちょっと気がひける部分もありますが、こういう深刻なケースは早めに自分で行動しなければいつか疲労やストレスで限界がきてしまいます。

自分を守るためにも強い覚悟を持ちましょう。

参考記事:仕事のストレスで限界を感じた時の対処法

まとめ

転職は人生の大きな決断です。

次の職場が決まるまでは本当に不安な思いもあるでしょう。

しかしあなたが経験してきたことはどんな場所でも少なからずきっと役に立つはずです。

自分を信じる気持ちを忘れてはなりません。

実際、転職で大きな未来を切り開いた人は沢山います。

そうなれるように、普段から自分の未来をしっかり考え、計画を立てておきましょう。

そして早めに準備を始める!これにつきますね。



      Sponsored Link